SKIN CARE FOR summer

夏の日差しや紫外線に負けない
スキンケアとは?

夏の日差しや
紫外線に負けない
スキンケアとは?

海や山など、夏は楽しみがたくさん。
一方で、紫外線量は年々増加しているといわれ、日焼け止めや日傘を駆使しても、
日焼けをしてしまったという経験がある方も多いのでは?
今回は、紫外線と上手に付き合いながら肌コンディションを上げていく、
夏のスキンケア方法をご紹介します。

日焼けした肌の状態

紫外線は窓ガラスを通して屋内にも入り、その一部は床や壁に反射して顔や体に当たるため、外出をしなくても微弱な紫外線にさらされています。微弱でも紫外線を浴びることで肌にダメージを引き起こす可能性があります。

地表に到達する紫外線はUVAとUVBの2つがあります。UVAは皮膚の奥深くまで到達し、「シワ」や「ハリの低下」などのエイジングサインを引き起こします。一方、UVBは皮膚の表面までしか入り込みませんが、主に日焼けの原因となるものです。

肌がUVBを浴びると、日焼けによる炎症を起こします。肌のうるおいをキープする細胞がダメージを受けるため、セラミドや天然保湿因子(NMF)、細胞の水分が不足し、角質層の隙間が増え、バリア機能が低下してしまいます。その結果、肌の水分が蒸散し、外的刺激もますます受けやすくなります。また、炎症によって表皮のターンオーバーが異常に早くなり、古い角質層が蓄積し「肌荒れ」や「皮めくれ」という症状にもつながります。

夏にあったスキンケア方法

皆さんは肌の表面温度をご存知でしょうか。通常時は33℃程度に保たれているのですが、強い日差しや猛暑により肌の表面温度が上昇、つまり熱を持った状態になると、肌が温度を感知して“ほてり”を感じ、汗を出して肌表面の温度を下げようとします。
この時、急激な温度上昇を感知すると皮膚の細胞に刺激を与え、バリア機能障害や色素沈着の原因になってしまうこともあります。
このような状態の時、真っ先に行うことは肌をクールダウンさせること。具体的な方法を3つご紹介します。

  1. 化粧水をたっぷり使う

    ほてった肌をすばやくクールダウンする方法として、たっぷりの化粧水で肌を鎮めることが有効です。化粧水は肌に浸透しますが、一部は気化します。このときの気化熱によって肌表面の熱を取ってくれるため、肌を冷却する効果があります。

  2. ローションパックやフェイスマスク
    ローションパックや
    フェイスマスク

    さらに効果的に肌表面の熱を取ってくれるのがローションパックやフェイスマスクです。その1にもあった気化熱に加え、コットンやマスクに含まれた化粧水が熱を取ってくれ、さらに手でつけたときよりも肌への水分補給効果が3倍になる点でも期待できます。(イミュ調べ)

  3. ジェルで継続的に水分補給

    化粧水で肌への水分補給を行った後は、ジェルで念押し。ジェルを冷蔵庫で冷やしておくと、さらに効果的です。心地よいと感じる温度に肌を整えることは、角質層のバリア機能をサポートするために必要なポイントです。

最後は肌に補給した水分を留めておくため、乳液やクリームで仕上げましょう。油分のべたつきが気になる人は、乳液で仕上げるのがおすすめ。ダメージを受けた状態では肌トラブルを招きやすいため、今の内からしっかり肌を保湿しておきましょう。

ハトムギエキスをたっぷり配合したハトムギスキンケアで
夏の日差しや紫外線を受けた肌をケア ※保湿成分

夏のほてった肌をクールダウン!

  • ナチュリエ ハトムギ化粧水

    ナチュリエ ハトムギ化粧水

    500ml 715円(税込)

    販売名:ナチュリエ スキンコンディショナー h

    MORE

  • ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル

    ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル

    180g 990円(税込)

    販売名:ナチュリエ スキンコンディショニングジェル

    MORE

  • ナチュリエ ハトムギ浸透乳液

    ナチュリエ ハトムギ浸透乳液

    230ml 825円(税込)

    販売名:ナチュリエ スキンコンディショニングミルク

    MORE

スキンケアQ&A SKIN CARE Q&A

Q ハトムギエキスにはどんな効果がありますか?
A ハトムギエキスは肌の「バリア機能」をサポートして水分を蓄えやすい肌に導く美容成分です。

「ハトムギ」はイネ科の植物で、穀類のなかでも特に栄養価が豊富なスーパーフードです。
古くから美容や健康に良いとされ、ハトムギ茶として飲んだり、炊いて食べたりするほか、和漢植物「薏苡仁(ヨクイニン)」としても重宝されてきました。最近では、サプリメントなどの健康食品としても話題となっています。

そのハトムギから抽出した「ハトムギエキス」には、12種のアミノ酸が含まれています。
アミノ酸は肌にもともと存在する「天然保湿因子(NMF)」の主成分であり、乾燥と外的刺激から肌を守る「バリア機能」を正常に保つために欠かせない成分です。アミノ酸を豊富に含む「ハトムギエキス」は「天然保湿因子(NMF)」を補給し、肌の「バリア機能」をサポートして水分を蓄えやすい肌に導いてくれます。

Q ハトムギ化粧水・ハトムギ保湿ジェル・ハトムギ浸透乳液の効果的な使用方法を教えてください。
A ハトムギ化粧水・ハトムギ保湿ジェル・ハトムギ浸透乳を冷蔵庫で冷やしておき、化粧水をたっぷりつける→保湿ジェルを厚めに塗ってジェルパック→浸透乳液で仕上げるのが効果的です。

特にハトムギ保湿ジェルは、パックのように厚塗りにすることでほてった肌を冷却する効果が持続します。塗布量を増やすことで、角質層への水分の浸透量も多くなり、結果、保湿効果が高くなります。
また、ハトムギ浸透乳液は角質層に浸透して水分を保持するため、肌をベタつかせず保湿できるのがポイントです。
3品とも重ねづけしてもみずみずしく心地よい、こだわりのテクスチャーです。