SKIN CARE FOR autumn

夏のダメージが蓄積した
秋の肌のケア方法は?

夏のダメージが蓄積した
秋の肌のケア方法は?

紫外線を浴びる量が増える夏を超えた肌は、一年で最もダメージが溜まった状態です。
「何だか調子が良くないな」と感じている方は、しっかりとダメージをケアする必要性があります。放っておくとハリやツヤを失い、さらにより乾燥が厳しくなる冬になると、肌トラブルより一層加速する恐れもあります。
秋は美容にとって大切な季節です。今回は秋におすすめのスキンケア方法をご紹介します。

秋に肌の調子が悪くなるのはなぜ?

肌の表面には夏の紫外線やほてりの影響でダメージを受けた古い角質が蓄積しています。古い角質は天然保湿因子(NMF)が少なく、バリア機能はほとんどないため、乾燥など外的刺激にさらされると炎症しやすく、ニキビや肌荒れなど肌トラブルを起こしやすい状態になっています。

また、「秋になると紫外線の量が少なくなるから大丈夫」と油断しがち。確かに紫外線量は減りますが、朝晩の冷え込みが厳しくなり、湿度が低下していきます。湿度が低下すると皮膚は炎症を引き起こす物質を発生させるため、肌内部からダメージを受けやすくなります。以下の項目に3つ以上心当たりがある方は、要注意です。

Check List

  • ・海や山に行って、日焼けした
  • ・日焼け止めは出かける前に塗るだけ
  • ・化粧水をつけても肌がごわついている
  • ・睡眠時間が少ない
  • ・ベタつくのがいやだからスキンケアは化粧水のみ
  • ・秋なのに顔のテカリがひどくなったような気がする
  • ・いつも使っている化粧水があわない
  • ・メイクのノリが悪くなった

3つ以上心当たりがある方は、
要注意です。

この季節、スキンケアをさぼるとどうなるの?

夏の紫外線や秋の湿度低下でダメージを受けた肌はバリア機能が低下しているので、肌の水分が蒸発しやすく、キメが乱れ、透明感が失われてくすみやすい肌になるだけでなく、表皮がしぼんで、乾燥による小じわが目立ちやすくなります。
また、バリア機能が低い角質層は乾燥や紫外線などの外的刺激を受けやすく、さらに秋の湿度低下によって炎症を引き起こす物質を増やすので、肌荒れやかゆみなどの肌トラブルも発生しやすくなります。

秋にあったスキンケア方法

夏のダメージを受けた角質をリセットする方法は、肌にしっかりと水分を補給&保持して、肌のバリア機能をサポートすることです。おすすめのスキンケア方法を3つご紹介します。

  1. こまめな水分補給

    化粧水をスプレーボトルに入れ替えて、こまめに吹きかけることによって、肌を乾燥させないこともおすすめ。水道水などの保湿効果のないものは、かえって肌が乾燥してしまう可能性があるので、保湿成分の入った化粧水を吹きかけることをおすすめします。

  2. ローションパック

    コットンやフェイスマスクに滴るくらいたっぷり化粧水を含ませ、約3分間パックをすると、手でつけたときの約3倍の水分補給効果が得られます*。湿度が低い晴れた日には、ローションパックでしっかりと水分を補給するように心がけてください。*イミュ調べ

  3. 重ねづけ

    化粧水やジェルで肌に水分を補給すると、肌が柔らかくほぐれ、角質層の細胞がきちんと整列されることがわかっており、重ねづけを繰り返すことでバリア機能をサポートする効果が高まります。同様に乳液やクリームも使用量に比例して保湿力が高まる傾向にあるため、これからの季節、たっぷり贅沢にスキンケア化粧品を使うことが効果的です。

ハトムギエキスをたっぷり配合したハトムギスキンケアで
ふっくら柔肌へ ※保湿成分

肌の乾燥、ごわつきからおさらば!

  • ナチュリエ ハトムギ化粧水

    ナチュリエ ハトムギ化粧水

    500ml 715円(税込)

    販売名:ナチュリエ スキンコンディショナー h

    MORE

  • ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル

    ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル

    180g 990円(税込)

    販売名:ナチュリエ スキンコンディショニングジェル

    MORE

  • ナチュリエ ハトムギ浸透乳液

    ナチュリエ ハトムギ浸透乳液

    230ml 825円(税込)

    販売名:ナチュリエ スキンコンディショニングミルク

    MORE

スキンケアQ&A SKIN CARE Q&A

Q ローションパックは保湿以外の効果はありますか?
A 高い水分補給効果によって、肌の柔軟性が向上したり、キメが整ったり、肌に透明感が出るなどの効果が期待できます。

秋は夏のダメージを受けた肌が美しい肌へと生まれ変わるための環境をつくってあげることが重要です。新しい肌を生み出すためには水分補給が効果的です。ローションパックは手で化粧水をつけるより約3倍の水分を肌に補給できる*ため、肌が柔らかくなる、キメが整う、肌の透明感が高まるといった効果に加え、後から使用する美容液などがなじみやすくなる効果も期待できます。*イミュ調べ

Q ハトムギ化粧水とハトムギ保湿ジェルの違いは何ですか?
A ハトムギ化粧水は基本となる肌への水分補給効果が高く、ハトムギ保湿ジェルは肌の表面に水の保護膜を形成し、継続的に角質層に水分補給する効果があります。

ハトムギスキンケアを活用し、水分補給と保持の効果を最大化するポイントは、ハトムギ化粧水でしっかり肌に水分を補給し、ハトムギ保湿ジェルで水の保護膜を形成し、さらに継続的に水分を補給しながら、ハトムギ浸透乳液で角質層に水分を保持する状態にすることです。
ただし、お客様の使用感の好みに応じて、化粧水の使用量をさらに増やして、浸透乳液で仕上げたり、どうしても油分が苦手な方は、浸透乳液の代わりに保湿ジェルをたっぷり使って水分を補給し続けるのも効果的です。