ハトムギコラム

2018.04.11スキンケア

新生活のお疲れ肌の原因と対策は?しっかり”水分補給”して保湿するおすすめスキンケア

ついに新年度がスタート!新しい出会いも増え、身も心も踊る時期ですよね。
進学・入社などに伴い、心機一転、新しい生活に踏み出している人も多いのでは?バタバタと毎日を過ごしていて、ふと気が付いたら電車の窓に映る自分の顔にびっくり!なんてことも。
新生活にお疲れ肌になってしまう原因と対処法を知ることで、いつでもうるおいに満ち溢れた肌を手に入れる準備を整えましょう。


春はお肌の乱れに繋がりやすい危険がいっぱい

ハトムギ化粧水、ハトムギ保湿ジェルを活用した新生活におすすめのスキンケアレシピ

生活リズムの乱れは美肌の大敵

4月は出会いの季節。
職場での歓迎会や新たに出会った人たちとの交流など、何かとお付き合いも増え生活リズムも乱れやすいこの時期。「今週は飲み会が多くて、不規則な生活が続いちゃったなぁ…」
「年度初めは、環境もガラッと変わって何かとバタバタ!帰宅も遅くて…」という人もいるのでは?

こんな生活リズムの乱れからまず起きてしまうのが「睡眠不足」。
就寝時間が連日0時をまわってしまったり、休日は寝過ぎてしまったりと、オン・オフの生活リズムが崩れていませんか?
お肌の“ゴールデンタイム”と呼ばれる、夜22時~深夜2時は成長ホルモンの分泌量が高まる時間帯といわれています。
早めに就寝してこの時間帯に良質な睡眠をとるように心がけたいもの。
毎日は難しくても無理をせず仕事量を調整しながら、なるべく同じ時間に起床・就寝ができるようにしてみましょう。

睡眠とともに、食生活の乱れにも気をつけたいもの。
周囲の人たちとのお付き合いが増えるこの時期は、外食が多くなって栄養バランスが偏ったり、食事の時間がバラバラだったり…ということが起こりがち。
休日は朝早く起きて体に良いものを食べる、飲みすぎた次の日は休肝日にするなど、体に過度の負担がかからないように気をつけ、気が付いたらお肌がボロボロ…とならないようにコントロールしながら生活をしてみましょう。

また、「毎日行うスキンケア」がさぼりがちに。
慌ただしい日々の中で生活リズムが乱れると、面倒なことはできるだけ手を抜こうとしてしまいがち…。お疲れモードだからといって、毎日のスキンケアをサボるのは絶対NG!
「今日は疲れてるしテキトーに…」なんて手抜きはおすすめできません。

朝・晩のスキンケアをさぼり続けることで、肌の水分量低下⇒肌をすこやかに保つ上で大切な肌の「バリア機能」のダウン⇒さらなる肌トラブルの原因となることも。
初めて人と会ったとき「この人はどんな人なんだろう」と思いながら、その人の表情だけではなく“肌そのもの”を見てしまうことってありませんか?そう!肌って意外と見られていて、その人の第一印象を決める大きな要素なんです。

5月に向け紫外線量も急上昇!花粉も依然ピーク

生活リズムの乱れだけでなく、春特有の肌への「外的刺激」にも注意して。
なかでも、この時期からしっかり気をつけたいのが「紫外線」。
紫外線量は5月にかけて一気に上昇します。

特に4‐5月の紫外線はUV-A波の量が多いため、肌が乾燥などのダメージを受けやすいということも覚えておいて。また、一般的にUV-A波は、肌のハリや弾力を失わせ、シワやたるみなどを引き起こすこともあるといわれています。
日焼け止めを忘れずに塗ることで肌へのダメージが最小限になるように気を付けて。

そして、まだまだ要注意なのが「花粉」。
「花粉」が与える影響はグズグズ・ムズムズ症状だけでなく、鼻をかむ、肌をかくなどの刺激によって、肌へのバリア機能が壊れやすくなるということにも、いま一度意識を向けて。

花粉の時期の詳しい肌への対策方法は花粉に負けない!春の“緊急・肌対策”をご覧ください。


毎日肌への水分補給を行って“肌の第一印象UP”を目指そう!

こんなにたくさんお疲れ肌になる原因があふれている春。どんな環境でも肌は健やかで美しくありたいですね。

そんなあなたにおすすめなのは「水分補給」をしっかり行うスキンケア。

まずは今の自分の肌の状態を鏡をしっかり見て確認してみましょう。
キメの乱れやカサつき、くすみ、メイクのノリが気になるようなら、肌が水分不足状態に陥っている可能性大。

肌の水分量が少ないと肌のバリア機能が低下し、ニキビや吹き出物といった肌トラブルを引き起こしやすいだけでなく、肌内部に光が透過しにくくなって、くすんで見えたりすることも…。
乾燥シーズンの冬を乗り切ったからといって、ここでスキンケアの手をゆるめてはダメ。たっぷりの水分補給ケアこそが、“脱・お疲れ肌”を目指す第一歩なのです!


 

今こそ徹底ケアしたい!新生活におすすめのスキンケアレシピ
大胆すぎるくらい、たっぷりと。肌を“うるおいで満たす”スキンケアレシピ

肌への水分補給におすすめの成分の一つに、「アミノ酸」を豊富に含んだ「ハトムギエキス」があります。
アミノ酸は私たちの肌にもともと備わり、角層内の水分量を高めるサポートもしてくれる美肌に欠かせない成分です。

ハトムギエキスが含まれる「ハトムギ シリーズ」を使用したスキンケアのお手入れ法はこれまでにもご紹介してきましたよね。
みなさん、毎日きちんと実践できてますか!?
ここで、ハトムギ化粧水を使ったスキンケアレシピ3選をおさらいしましょう。

◆基本の化粧水ケア
朝・晩の洗顔後に、500円玉1枚分のハトムギエキス入り化粧水を顔やデコルテに3回重ねづけ。化粧水は惜しみなく、たっぷり使うことがポイント!もったいないからといって使用量が少ないと、スキンケア効果もそれだけ半減してしまいます。肌がひんやりしてきたら十分に水分がなじんだサインです。

>>過去にご紹介したハトムギ 化粧水「基本のケア」はこちら

◆ローションパックでさらにうるおいUP
肌の水分量アップをさらに目指せるケア。コットンやフェイスマスクにハトムギエキス入り化粧水をたっぷり含ませてパックします。「基本の化粧水ケア」の後に行うとより効果的!

>>過去にご紹介したハトムギ化粧水「ローションパック」はこちら

◆ミストで手軽にボディケア
ハトムギエキス入り化粧水ミストボトルに詰め替えるか、スプレーノズルをつけて、ボディにも手軽に水分補給ケアを。体温が高まったお風呂上がり直後は、スキンケアが浸透しやすいため、水分補給に絶好のタイミング。持ち歩いて、オフィスの乾燥対策やメイク直しとしても◎。

>>過去にご紹介したハトムギ化粧水「ボディのケア」はこちら

 

肌へ継続的に水分を送り込む!“うるおいを送り続ける”スキンケアレシピ

化粧水で補給した水分は、肌にしっかりとどめてキープすることが大切。肌の水分量を保つケアとしておすすめなのが、ハトムギエキス入りの“保湿ジェル”です。

ハトムギエキス入り保湿ジェルを使った、新生活におすすめのスキンケアレシピはこちら!

◆メイク前の“持続型保湿”ケア
朝はしっかり保湿したいけれど、ベースメイクがうまくのらなかったり、くずれやすくなるのはイヤですよね。ハトムギエキス入り“保湿ジェル”ならメイク前の保湿にもおすすめ!油分に頼らず肌のうるおいを守って、メイクのヨレやくずれを防いでくれます。

◆お風呂上がりのとりあえず保湿
「今日はお風呂に入ってすぐ寝たい…」!そんなお疲れモードの時は、たっぷりの保湿ジェルを素肌に直接なじませるお風呂上がりのとりあえず保湿を。お風呂上がりの肌を乾燥から守ります。

◆おやすみ前の重ねづけ
化粧水+保湿ジェルの基本ケアの後、おやすみ前のジェルの重ねづけでダメ押し保湿!基本のケアと同じ500円玉大の量をおやすみ前にもう一度なじませることで、睡眠中の乾燥を防ぎます。翌朝の肌のうるおいに差をつけて。

こちらもチェック!これまでにご紹介したハトムギ保湿ジェルのスキンケアレシピ。

◆基本の保湿ジェルケア
ハトムギ化粧水の後に、500円玉大の量をたっぷりなじませて。ハトムギエキスのうるおいを肌へ継続的に送り込みます。

>>過去にご紹介したハトムギ保湿ジェル「基本のケア」はこちら

◆水分が逃げる隙を与えない!ジェルパック
「肌の調子がイマイチ…」、「カサつきをなんとかしたい」。そんな時は、迷わずジェルパックのお手入れを。500円玉大3枚程度の量を肌にのせ、約5分経ったらゆっくり肌になじませて。

>>過去にご紹介したハトムギ保湿ジェル「ジェルパック」はこちら

ゆっくりお手入れしたい時も、忙しい時も、自分の肌状態に合わせてスキンケアレシピを上手に取り入れて、お疲れ肌から脱却し、うるおいに満ちたすこやかな肌をキープできれば、新生活も自信をもって送ることができますね。
トラブルの起こりがちな春の肌をしっかり守って新しい季節を迎えましょう。

記事一覧へ

ピックアップ記事