ハトムギコラム

2017.12.13製品に関する情報

ハトムギ化粧水とハトムギ保湿ジェルってなにが違うの? 気になる使い方は?

口コミで大人気のハトムギ化粧水とハトムギ保湿ジェル。
たっぷりお肌に塗るのがよいというのはわかっているけれど、それぞれどのように肌にアプローチする製品で、どのくらいの量をどうやって使う製品か正しく理解していない!という方も多いかも。
それぞれの製品特徴と使い方、スペシャルケアについてご紹介します。


「ハトムギ化粧水」とは

ハトムギ化粧水の特徴

ナチュリエの<ハトムギ化粧水>は、ベタつきのないさっぱりした使用感が特徴です。
天然保湿成分ハトムギエキス配合で、肌の角質層まですーっと浸透して内側から潤し、肌トラブルのないすこやかな肌へ導きます。

あらゆる肌トラブルの根本原因は「乾燥」。肌が乾燥してしまうと肌の「バリア機能」が低下して外からの刺激を受けやすい状態となり、肌荒れや過剰な皮脂分泌の原因となることも…。
“肌トラブルのないすこやかな肌”になるには、まず、肌をしっかりと「保湿」することでバリア機能がきちんとはたらくことが大切。バリア機能を正常に保つことができれば、あらゆる肌トラブルの原因を元から断ち切り、予防できると考えられるのです。

角層バリア機能を正常に保つ秘訣は、“肌にたっぷり水分補給を行い、それをしっかり保持”してあげること。
ナチュリエの<ハトムギ化粧水>は肌への水分補給&水分保持をいちばんに考え、天然保湿成分ハトムギエキスに着目し、研究開発されています。
しかも、肌に直接つけるスキンケア製品だからこそ、香料や着色料など保湿に不要な成分は極力使わないこだわりの“シンプル処方”。
さらに、ベタつきが気になる肌にも気持ちよく使えるオイルフリー&肌にやさしい低刺激性なのも支持されている理由です。

ハトムギエキスとは

ハトムギ茶をはじめ、古くから健康茶として用いられてきた「ハトムギ」。「ヨクイニン(薏苡仁)」としてご存じの方も多いのではないでしょうか?
ハトムギのタンパク質のアミノ酸の組成は、穀類の中でいちばん良質だといわれています。ハトムギから抽出したハトムギエキスが肌にはたらきかけ、より多くの水分を蓄えられるようにサポートしてくれるんです!
ハトムギエキスには、美肌を叶えるためのうれしい効果が大いに期待できそうですね

ハトムギ化粧水の使い方

co001_2

ナチュリエの<ハトムギ化粧水>の付け方のポイントは、とにかく惜しみなく、たっぷり使うこと。
みずみずしくさっぱりとしたテクスチャーが肌の角質層まで浸透し、肌をすこやかに整えてくれます。

基本の付け方は、朝・晩の洗顔後に<ハトムギ化粧水>をたっぷり手のひらにとり、500円玉1枚分を3回、顔やデコルテになじませる方法。
その際、肌をたたくようにパッティングしてしまうと、かえってダメージを与えてしまうので、押し込むようなイメージでなじませるのがポイントです。
ミスト容器に入れて、顔や身体にミストする方法もおすすめ。特にお風呂上がりはお手入れに効果的なタイミング。
日中の外出先にも持ち歩き、屋外やオフィスなど、メイク時の乾燥が特に気になる時もメイクの上から2~3回ミストすれば手軽な乾燥対策に!


 

「ハトムギ保湿ジェル」とは

ハトムギ保湿ジェルの特徴

ナチュリエの<ハトムギ保湿ジェル>は、保湿成分である天然ハトムギエキスを配合した高浸透※1処方。
水分量81%のジェルがとろけるように角質層まですっと浸透し、肌をしっとり整えます。ベタつかずさらりとした使い心地も特徴です。

化粧水同様、無香料・無着色で、肌にやさしい低刺激性。しかも、ノンコメドジェニックテスト済※2で、ニキビが気になる人でもお使いいただけます。
油分に頼らないジェルなので、メイクがヨレたりくずれたりしにくいのもうれしいポイント。しっとり感とみずみずしさが長時間続き、乾燥による日中のメイクくずれも防いでくれます。

※1 角質層への浸透
※2 すべての方にニキビのもと(コメド)ができないということではありません。

ハトムギ保湿ジェルうるおいのヒミツ

ナチュリエの<ハトムギ保湿ジェル>のうるおいのヒミツは、みずみずしい水の保護膜“マイクロジェル層”。
マイクロジェル層が肌表面にしっかりとどまり、継続的に肌に水分補給することで長時間うるおいをキープしてくれるんです!
さらに、“1回あたりの使用量が増えれば増えるほど、肌の水分量が高くなる”ということもわかっています。マイクロジェル層の厚さは使用量によって変化するので、好みの範囲でたっぷりと惜しみなくケアしてあげれば、それだけ、肌の潤い実感を得られるということですね。

ハトムギ保湿ジェルの使い方

co001_1

ナチュリエの<ハトムギ保湿ジェル>は、保湿の機能に特化した“持続型保湿美容液”です。<ハトムギ化粧水>でたっぷり肌に水分補給した後に、贅沢に使ってください。
基本の使い方は、500円玉1枚分程度を顔全体にまんべんなくなじませるお手入れ。特に乾燥が気になる時や、目元や口元などの部分的な乾燥が気になる場合は2度、3度と重ねづけする方法“追いジェル”もおすすめです。


 

充分な保湿のためのテクニック

最後に<ナチュリエ シリーズ>の保湿効果を最大限に引き出すお手入れ方法をご紹介します。

ハトムギ化粧水>の効果的な保湿テクニックは、コットンに化粧水をたっぷり含ませ肌全体に塗布する“ローションパック”という方法です。
ローションパックは肌への水分浸透量をよりアップさせる効果があります。なんと、手で付ける通常のお手入れ方法に比べ、約3倍も肌への浸透量がアップ※3するんですよ!

ハトムギ保湿ジェル>の効果的な保湿テクニックは、ズバリ“ジェルパック”という方法です。
ジェルパックの方法は、500円玉3枚程度のジェルを顔にまんべんなくなじませて5分間放置。その後、顔全体を包み込むようになじませます。
ローションパックとジェルパックは、どちらかだけでなく2つのお手入れを同時に行うと、潤い実感に大きく差がつきます
それでも乾燥が気になる時は、お手持ちの乳液やクリームなどをプラスしてもOK。
ハトムギ保湿ジェル>はさらりとした感触で他のスキンケアの浸透を妨げません。肌の状態に合わせてあなたに最適なケアを見つけてくださいね。

※3 イミュ調べ

記事一覧へ

ピックアップ記事