INTERVIEW_ VOL.1

INTERVIEW_ VOL.1

普通のことを、無理なく、
私らしく続けていく。

2019.08.15

PROFILE

■Kanoco
兵庫県出身のモデル。
ライフスタイル誌『OZmagazine』のカバーガールを務めるほか
『リンネル』『SPRiNG』『ONKUL』などをはじめとしたファッション誌を中心に広告やMVでも幅広く活躍中。
ブログやSNSでの日々の活動、なかでも食や器、自身の料理に関する発信は多くの読者の人気を集めている。

モノえらびは、直感でピンと。
食器えらびは、「思い出」を大事に。

「自然体の魅力がある」「こだわりを持って暮らしている」ということはみなさんに言っていただくのですが、実は自分ではこだわっているつもりはあまりなくて。ただ、何ごとも直感で「これが好き」というのがわかるので、買い物は、全然悩まないですね。モノ選びも3秒ぐらいで決まりますし、服を選ぶときも試着もせずに買うこともあります。直感的にピンときますね。ただ、モノを増やしたくないので、あまり買わないようには気をつけています。

その中で、食器はちょっと特別です。食器はすごく好きで、買っても買っても歯止めが効かないという事態に陥ってしまって・・・。
「これはよくない!」と、旅に行ったときだけは、記念に一個買うと決めています。思い出がいちばん大事で、思い出のなかで生きていきたいので、今ある食器は「どこで買った」という思い出の詰まった食器ばかりです。母から「人生は思い出をつくるもの」といわれて育ったので、「思い出」は自分の根底にある大事な言葉かもしれません。

「ふぅっ」とひと息いれながら、頑張りすぎずに続けていく。

料理についてもこだわっているねと言っていただきますが、こちらも自分では無理をしない程度に続けることが大切だと思い、「煮る」「焼く」などシンプルなことをやっています。
きっかけは、上京してひとり暮らしを始めたこと。“せざるを得ない”という状況で料理を始めたのですが、ある日いいお皿を買って盛ったら、いつもつくっていたごはんが「なんておいしそうに見えるんだ!」と気づき、そこから食器にハマりました。料理自体は本当に普通のものをつくっているのですが、その「普通」をずっと続けていくことが、もしかすると「こだわり」といえるかもしれません。

ここ最近、蒸し料理に凝っています。撮影で行った京都で、無水調理のできる鍋と巡り合って。蒸したキャベツ、本当においしいんですよ!あとゆずのお酢や、しょうが麹などの調味料にもハマっています。

ちなみに、料理のメニューは、喫茶店に入って「ふぅっ」とひと息つきながら考える時間を持つようにしています。考えている時間がすごく好きですし大事ですね。

心地よい時間を過ごすため、保湿を心がけるスキンケア。

最近は「夜を大事にしよう」と思っていて、お風呂であたたまったり、そのあと水分をとったり保湿したり、寝る前に簡単なヨガをしてみたり。中でも、私、スキンケアはいろいろ試しています。仕事柄いろいろな情報が入ってきますし、肌のお手入れだけは自分に何が合うかわからないので、聞いたらすぐやってみます。そうはいっても、自然由来のものを選ぶようにはしています。実は昔、ものすごく肌荒れに悩んでいて。治したくて皮膚科に行ったり、ピーリングなどを試して逆に荒れてしまうということを繰り返していたのですが、あるとき自然由来のものを使ったら、肌荒れがスーッと消えていき、そこから気をつけるようになりました。メイクやスキンケアは、若い頃に比べてすごく考えるようになりましたし、好きになりました。保湿にも気を使うようになり、ローションパックなどもよくやるので、ナチュリエのハトムギ化粧水にはお世話になっています!肌のお手入れも、自分にとって心地いい方法を、無理なく長く続けていきたいと思っています。

毎日たっぷり水分補給ナチュリエハトムギ化粧水製品写真

毎日たっぷり水分補給
ナチュリエ ハトムギ化粧水

水のベールでうるおい続くナチュリエハトムギ保湿ジェル製品写真

水のベールでうるおい続く
ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル

水のベールでうるおい続くナチュリエハトムギ保湿ジェル製品写真
うるおい抱えて肌もっちりナチュリエハトムギ浸透乳液

うるおい抱えて肌もっちり
ナチュリエ ハトムギ浸透乳液