ハトムギコラム

2018.08.22

夏の紫外線ダメージのケアを忘れずに!ハトムギ化粧水で肌を保湿してすこやか肌をGET

日に日に暑さが増し紫外線量もぐんと増えるこの季節。実は夏の今の時期こそお肌の保湿ケアがとても重要だということをご存知ですか? 今回は、保湿ケアにオススメの『ナチュリエ ハトムギ化粧水』で紫外線ダメージに負けないすこやかな肌を保つ方法をご紹介します。

うっかり日焼けしてしまった?夏のお肌の状態とは

夏は他の季節と比較しても紫外線量が多く、日焼け止めをしっかり塗っているつもりでも、うっかり日焼けをしてしまった…ということありますよね。紫外線を浴びた肌は、乾燥し、水分が不足している状態です。また、夏はエアコンの効いたお部屋で過ごすことが増えるので、さらに肌が乾燥してしまうことも。
乾燥した肌は刺激に弱く、肌トラブルを引き起こしやすいので、夏は日々の保湿ケアがとても重要な季節なのです!

 図2

すこやかな肌の維持に欠かせない肌の「バリア機能」ってなに?

では、なぜ乾燥肌は刺激に弱く、肌トラブルが引き起こりやすいのでしょうか?
そのカギとなるのが肌の「バリア機能」。
 肌の「バリア機能」とは、わずかラップ1枚分の厚さの角質層がホコリや紫外線等の外部刺激から肌を守る役割のことです。この「バリア機能」をサポートしているのは、角質層にある天然保湿因子や細胞間脂質です。
しかし、肌の表面にある角質層の水分量が低下すると、肌の角質層が硬くなってうまく剥がれにくくなりターンオーバーが遅れるので、肌の「バリア機能」が低下してしまいます。
バリア機能が低下すると、肌の中の水分が蒸発しやすくなり、外的刺激を受けやすく、肌荒れなどの肌トラブルを引き起こしやすくなります。

図3

 

 

ベスコス常連のおすすめ化粧水で保湿ケアをしてバリア機能をサポート

これからの季節、お肌にたっぷり水分を補給できる保湿ケアナチュリエ ハトムギ化粧水』がおすすめ。
『ナチュリエ ハトムギ化粧水』は、その名の通りハトムギエキスが配合されています。
ハトムギエキスは、肌にうるおいを与え、水分を蓄えやすい肌に導くので、乾燥しがちな夏の肌におすすめの化粧水なんです。
そんな『ナチュリエ ハトムギ化粧水』を使った、肌がべたつかずもっちりうるおうケアをご紹介します。

ハトムギ化粧水を使ったおすすめ保湿ケア(1):ローションパック

化粧水を肌につける時に気になるのが、手でなじませるほうが良いのかコットンでなじませるほうが良いのかという問題。どちらにもメリットがありますが、バリア機能をサポートするための保湿ケアの方法としておすすめしたいのが、まずは手のひらで数回に分けて化粧水を肌になじませてから、化粧水をたっぷり含ませたコットンでパックをすること。この時、コットンから化粧水がしたたるほどたっぷりと含ませるのがおすすめです。

手でお肌になじませるだけではなく、コットンを併用することによって、より肌の角質層全体にうるおいが満ちて肌のキメが整います。
毎日やるのはちょっぴり面倒ですが、1週間に1回は必ずやっておきたいケアです。

ハトムギ化粧水を使ったおすすめ保湿ケア(2):トリガースプレー

顔だけでなく忘れてはいけないのがボディの保湿。冬は乾燥を防ぐため、ボディも保湿ケアをしっかり行うという方も多いかと思いますが、夏はあまり乾燥を感じないためおろそかにしがちという方もいらっしゃるのではないでしょうか。乾燥を冬ほど強く感じることのない夏のボディも天然保湿因子・細胞間脂質・皮脂が不足していて肌のバリア機能が低下してしまっている可能性も。しっかりケアしないと紫外線のダメージをバリア機能の低下した無防備な肌が受けてしまうかも。

そんな、ボディの保湿には『ハトムギ化粧水』にトリガースプレーを取り付けて、お風呂上がりの肌にバシャバシャ吹きかける方法がおすすめ。その後、『ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル』でボディをマッサージしながらなじませればボディの保湿はばっちり! べたつかずさっぱりしているのにしっかりうるおうため、夏の保湿にはもってこいの組み合わせです。

紫外線のダメージを防ぐためには保湿を忘れずに!

しっかり肌を保湿した上で、日焼け止め等で紫外線をシャットアウトする対策も行って、すこやか肌を手に入れましょう!

 

 

 

記事一覧へ

ピックアップ記事