肌のお悩みをまるっと解決!乾燥知らずの肌はエイジング知らず!万全保湿でモチモチ素肌をキープしよう

肌のお悩みをまるっと解決!乾燥知らずの肌はエイジング知らず!万全保湿でモチモチ素肌をキープしよう

寒さが本格化するこれからの季節は、
乾燥やくすみなどエイジングサインが気になりますよね。
中でも肌悩みのTOPは「乾燥」だとか。
乾燥がひどくなると、「粉を吹いたようなカサカサ肌」になったり、
「化粧水を使ったらヒリヒリした」なんていう人も。
年末年始に向けた楽しいイベントが台無しにならないように、今から正しいスキンケアを!
乾燥肌からおさらばしてモチモチ肌をキープする、
真冬の万全保湿ケアをたっぷり紹介していきます。

ナゼだか肌の乾燥が止まらない!!!肌がものすごくカサカサするのはナゼ?

ナゼだか肌の乾燥が止まらない!!!肌がものすごくカサカサするのはナゼ?

夏や秋と違って、冬は気温の低下に伴い、空気の湿度が大きく低下します。気象庁のデータによると、夏に80%以上あった湿度が1~3月の冬には平均50%台まで下がり、さらによく晴れた日には20%以下にまで低下する日もあるそう。湿度が下がると肌のカサカサ度合いが高くなる……この関係性は何となくわかるかも。

肌は角質層のバリア機能によって水分を保持しますが、季節やお天気で湿度が60%を下回ると水分蒸散がしやすくなることが知られています。水分蒸散によって水分量が減ると、バリア機能が低下 → 水分蒸散が促進 → 肌が乾燥するといった負のスパイラルに。特に乾燥肌はもともとバリア機能が弱いため、冬の湿度低下によって皮膚の水分が奪われ、肌の乾燥がより一層ひどくなり、肌荒れの原因になることも。乾燥といっても油断大敵なのです。

肌が乾燥しているSOSを見逃していませんか?

肌が乾燥しているSOSを見逃していませんか?

ここで皆さんに質問です! 真冬の乾燥肌ってどんな肌なのでしょうか?
今から挙げる3つの兆候が見られたら乾燥肌のサイン。しっかり覚えておいてくださいね。

その1 「あれ?肌がくすんでる?」それは透明感が低下してる証拠 その1 「あれ?肌がくすんでる?」それは透明感が低下してる証拠

肌の水分は肌内部からの光の反射率を高めるので、肌の透明感を高める効果があります。そのため水分が減少すると肌の透明感が低下し、顔全体がくすんだように見えます。夕方になるといつも肌がくすむという人はさらに乾燥が加速してしまう可能性もあるので要注意!

その2 なめらかな肌は一体どこへ?ザラザラ肌になっちゃった その2 なめらかな肌は一体どこへ?ザラザラ肌になっちゃった

肌の水分は角質層をふっくらさせ、肌表面をやわらかくなめらかに保つ機能があります。乾燥により水分が減ると、肌の表面が硬くなったり、目には見えない亀裂を生じることもしばしば。肌をなめらかにするどころか、ザラザラ、ごわごわした感触になります。

その3 ある日突然、肌がムズムズ、ヒリヒリする その3 ある日突然、肌がムズムズ、ヒリヒリする

肌の水分が減少してバリア機能が低下すると、外的刺激を受けやすくなります。さらに、神経が肌の表面近くまで伸びてきて、チクチク、ムズムズといった刺激を感じやすくなることも。どちらにしてもうるおいが足りない証拠。立派なSOSサインです。

乾燥サインを放っておくと、どうなっちゃうの?

乾燥サインを放っておくと、どうなっちゃうの?

SOSサインから見てもわかるように、肌内部の水分減少がキーワードになります。水分が減ると表皮が薄くなり、【キメの乱れ】が発生します。キメの乱れが進行すると【目元、口元などの乾燥小ジワ】のエイジングサインが表れることに。他にも【肌の透明感、明るさが低下】、【肌表面のざらつき、肌荒れ】などといった症状も表れます。

また、肌の乾燥によるバリア機能低下により外的刺激を受けやすくなるため、角質層が分厚くなり、【ニキビ】の元となるコメドが発生。冬になるとニキビが増えるという人は気をつけてくださいね!

もうひとつ、ニキビと一緒に肌がムズムズ、チクチクするといった症状にも気をつけたいトコロ。刺激を伴うセンサーが増加し、肌を掻いてしまうことによってバリアが壊れて肌トラブルが悪化するというケースも。肌トラブルは肌内部の細胞を刺激するので、メラニン生成を促進させ【色素沈着】の原因になったり、【肌の柔軟性の低下】にもつながります。こういった肌悩みを克服するには、まずは水分補給が一番! 肌からのSOSは放置せず、なるべく早くケアしましょう。

冬のおすすめスキンケア!万全保湿ケアでモチモチ肌へ

冬のおすすめスキンケア!万全保湿ケアでモチモチ肌へ

真冬の乾燥した空気は肌の水分をどんどん奪い、さまざまな肌トラブルを引き起こします。この負のスパイラルを上手に断ち切るためには「角質層に水分を補給」して、「正常なバリア機能を取り戻す」ことにチカラを入れましょう! 特に真冬の乾燥の時期は、①化粧水で水分を角質層になるべく多く浸透させ、②浸透させた水分を角質層に長時間保持することを心掛けてみてくださいね!

さらに万全保湿ケアを目指すなら、スキンケアをするタイミングやアイテムにもこだわってみるのも良いですね。冬に肌の表面温度が低くなると、水分が肌へ浸透しにくくなります。おすすめは入浴後の温まった肌に水分をたっぷり含んだ化粧水や保湿ジェルをつけること。
入浴後すぐのローションパックはたっぷりと水分補給ができるので効果バツグンです。

さらに、保湿ジェルとのW使いもおすすめです。保湿成分が高配合されている保湿ジェルは水分と結合して蒸散を防ぐので、やわらか&透明感の高い肌へ。もちろん顔だけでなく、脚やかかとなど乾燥しやすい部分もOK。そして最後は、乳液やクリームでしっかりフタをすることを忘れずに。真冬の乾燥対策を万全にすればモチモチ肌も夢じゃないし、未来のエイジングケアにもつながりますよ。

肌の乾燥、ごわつきからおさらば!ハトムギエキス をたっぷり配合した2アイテムで秋の枯れ肌をふっくら柔肌へ。

夏のほてった肌をクールダウン!2アイテムで速攻冷却&ぷるぷる夏肌をキープして。

ナチュリエ
スキンコンディショナーハトムギ化粧水500ml 650円(税別)

詳しくはこちら

詳しくはこちら

ナチュリエ
スキンコンディショニングジェルハトムギ保湿ジェル180g 900円(税別)

詳しくはこちら

詳しくはこちら

化粧水をたっぷり!では、保湿ケアは不十分なの? 化粧水をたっぷり!では、保湿ケアは不十分なの?

A1.

残念ながらそれだけでは十分な保湿とは言えませんが、水分補給は保湿ケアの第一歩です。 残念ながらそれだけでは十分な保湿とは言えませんが、水分補給は保湿ケアの第一歩です。

真冬の乾燥した肌には、肌の水分量をできるだけ早く補い、キープすることが重要です。保湿ケアの基本は水分・油分・保湿成分のモイスチャーバランスを整えることですが、特に重要なのが水分。冬の乾燥した肌では、バリア機能が乱れがち。そこで角質層の水分を正常(20~30%)に整え、さらに24時間キープすることが、最も理想的な保湿ケアといわれています。

ハトムギ化粧水は角質層への浸透性にすぐれ、すばやく角質層の水分量をアップさせる効果があります。さらにローションパックをすることで、通常の3倍程度の水分と保湿成分を角質層に浸透させることができるんですよ。

水分を角質層に保持するために油分でフタをすることも有効ですが、ベタつくのが嫌ならハトムギ保湿ジェルがおすすめです。ローションパックの後にジェルの重ね塗りをしたり、ジェルパックで水分をすばやく補給して、肌に留めておきましょう。

【ハトムギ化粧水】
ナチュリエ式 ローションパック

【ハトムギ保湿ジェル】
ナチュリエ式 ジェルパック

【ハトムギ化粧水】
ナチュリエ式
ローションパック

【ハトムギ保湿ジェル】
ナチュリエ式
ジェルパック

パシャパシャ or とろん…… 化粧水のテクスチャーの違いで肌効果は変わるの? パシャパシャ or とろん…… 化粧水のテクスチャーの違いで肌効果は変わるの?

A2.

はい、変わります。水分や保湿成分を肌のすみずみまで行き渡らせるなら、パシャパシャ化粧水のほうがおすすめです! はい、変わります。水分や保湿成分を肌のすみずみまで行き渡らせるなら、パシャパシャ化粧水のほうがおすすめです!

水分やハトムギエキスのような保湿成分の角質層への浸透量は、パシャパシャの化粧水のように粘度が低いほど多くなります。ハトムギ化粧水は、ベタつかないさっぱりした使用感で重ねるほど肌になじみ、角質層に浸透していくので、おすすめです。もし、「化粧水を使っているのになかなか効かない」と感じていたら、化粧水のテクスチャーを変えてみてはいかがでしょうか。

また、ハトムギ保湿ジェルは肌表面の天然保湿因子(NMF)と反応してジェルがほどけ、化粧水のように変化し、角質層へ浸透していきます。ハトムギシリーズは水分浸透量を高めるテクスチャーにもこだわっているんです。ぜひ、試してみてくださいね。